楽器を使用している人

特徴を把握する

作業員と家

シロアリが住みついている家になると、室内の一部が腐食している場合があります。そのため、腐食している部分を見つけた際にはシロアリ駆除を専門に行なっている業者に迷わず相談することが大事になります。

Read more

巣を撤去する

調査をする作業員

蜂の駆除で大切なことは、蜂の巣を鉄鏡することです。蜂の巣を撤去または、駆除することによって、蜂の被害が減少されます。そのため、蜂の巣を見つけたときには、專門業者に依頼をしましょう。

Read more

駆除のポイント

薬を撒く様子

一番嫌な家庭に出てくる害虫といえばゴキブリです。ゴキブリは不衛生なところに良く出てくるので家を常に清潔に保つことが大事ですが、侵入されないようにすることも大事です。

Read more

人間の勝手で駆除対象

調査をする作業員

ハクビシン駆除の基礎

ハクビシンは木登りが得意なうえ、果実を好むため、果樹園でのハクビシン駆除がおこなわれています。また、住宅の屋根裏などに侵入して、糞害や騒音など被害をもたらすため、都市部でもハクビシン駆除がおこなわれています。ハクビシンを駆除する場合、「鳥獣保護法」により狩猟獣としてして指定されているため、免許が必要です。また在来種か外来種か確定されていないため、「外来生物法」により、ハクビシン駆除または捕獲の場合は、保健所や市役所への申請が必要になります。ハクビシン駆除への手続きや事情が複雑なのです。そのためハクビシン駆除は、専門業者に任せるのが一番良い方法です。彼らハクビシン駆除業者への依頼すると、追い出し作業や侵入口の遮断、捕獲ゲージの設置やハクビシン自体や巣の回収など、多数にわたる作業があります。その費用は合計で平均的に5万程度です。また別途、役所への申請が5万程度など、費用がかかります。逆にこれより安いと、後で追加料金をかける業者もあり、事前に料金やサービス内容、保証などの必ずチェックする必要があります。

ハクビシンと人間との関わり

ハクビシンは、第二次世界大戦中に軍事用の毛皮として、養殖タヌキと共に、飼育されていましたが、そのハクビシンの毛皮は質が悪いとして放逐されてしまいます。そのため、戦後には四国地方や東海地方、東北地方に集中的に目撃されるようになります。ハクビシンは、在来種とも外来種とも言われる生物ですが、元々人間が生活する地域よりも、さらに山奥に住んでいた生物です。それが人間の勝手で毛皮利用されたり、放逐されても人間が生活範囲を広げたことで、山の中から住宅の天井に住みついたり、果樹園などで接触しやすくなり、彼らハクビシンは、駆除対象となってしまったのです。人間の勝手で駆除動物になってしまった事は、忘れてはいけないのです。